トップ / レーザー治療の経過とアフターケア

治療後にはアフターケアが最も重要

さて、前述したとおり治療後に「炎症性色素沈着」に代表される肌トラブルが起きやすいのがレーザー治療のデメリットではありますが、このデメリットはシミのレーザー治療後に適切なアフターケアをしっかりと行うことで防ぐことが可能です。

まず大前提として、レーザー治療後のアフターケアは必ず主治医の指示に従って行うようにしましょう。素人考えで間違ったアフターケアを行ってしまった結果、症状をより悪化させてしまうようなこともありますので、アフターケアは必ずプロの指導に基づいて行うようにしてください。

そのことを踏まえたうえで、レーザー治療後には徹底したスキンケアが必要になってくると言えます。特にレーザー治療後には肌が刺激などから弱くなっていることが多いので、適切なスキンケアを行うことが第一です。

特に注意しなければならないのは、やはり紫外線対策だと言えるでしょう。施術後しばらくは日中の紫外線を避けるために日焼け止めはもちろん、マスク、サングラス、帽子、日傘などを装備して、日差しに対して完全防備の体制を続けることが不可欠だと言えます。

このような紫外線対策を行う関係から、夏場のシミのレーザー治療はあまりお勧めできるものではないと言えるでしょう。夏場は日差しが格段に強いうえに、これらの完全防備を行ってしまうと当然暑さにやられてしまいますから、熱中症などの他の疾患に対するリスクも上がってしまいます。出来るだけ、夏場のレーザー治療は避けた方が良いと言えますね。

また、施術後には照射部分をなるべく直接触らないように注意しましょう。日焼け止めを塗るときなどは仕方ありませんが、それ以外では極力照射部分に触れないように生活することが大切です。これらの慎重かつ綿密なスキンケアを施していれば、レーザー治療後の肌トラブルは極力回避することが出来ると言えるでしょう。