トップ / メリットだけではないシミ消し

レーザー治療に関するデメリット

短期間でシミを効果的に除去することが出来るレーザー治療。照射の範囲もミリ単位で決定することが出来るため、肌へのダメージも最小限で済むのが魅力です。しかし、レーザー治療にはこれらのメリット以外に、残念ながらデメリットもいくつか存在するということはしっかり押さえておきましょう。

まず勘違いしないでいただきたいのは、レーザー治療を行った場合であっても、今後シミが二度と出来ないというわけではないということです。レーザー治療を行うと何となく照射した範囲にはシミが今後一生出来ることがないような気になりますが、紫外線対策など適切なケアを怠っていると、またシミが出来てしまうようなことも多いので、その部分は間違えないようにしましょう。

また、レーザーは高い出力で肌を焼くものになっていますから、照射直後には必ずかさぶたが出来てしまいます。特に顔にかさぶたがある場合には想像以上に目立ってしまうことも考えられますので、マスクなどで隠しておく方法を考えておいた方が良いでしょう。

またごくまれに、レーザー治療を行った結果シミが悪化してしまったというケースもあります。レーザー治療後にシミが悪化してしまう症状は「炎症性色素沈着」と呼ばれるものであり、レーザー治療を受けた数週間以内に起きてしまう症状となっています。

レーザーは肌に外からアプローチするものになりますから、肌の側がそれを「外部からの攻撃」ととらえてしまうと、肌を守るためにメラニン色素が過剰に生成されることになってしまいます。その結果、メラニン色素が元あったシミの部分に集まってしまい、以前よりも濃いシミが出来てしまうようなこともあるのです。

こういったことを防ぐために、シミのレーザー治療後には必ずメラニン生成を抑制するための薬が処方されるのですが、その薬の使用を怠ってしまうと、前述したようにシミがよりひどくなってしまうようなケースも生じてしまうということです